明るい曇り空

好きなものは、好き

アラサー女ひとりで日本一周した記録 ~持ち物編②服装~

服の量は夏だったので多くはありませんでしたが、なるべく少なくしていきました。

鉄道を利用しての日本一周で、1か月半の長旅だったことも考えて持っていきました。

持って行った服装・カバン・靴の紹介と、ほかの季節だったら何を持っていけばいいのかを書いていきます。

 

 

夏の旅だったので、Tシャツ×4、ジョガーパンツかスカーチョ×3、薄手のパーカー×2で行きました。

あと旅の途中、北海道の宗谷岬と納沙布岬に行く時に、札幌でノースフェイスのゴアテックス素材のウインドブレーカーを買い足しました。

 

1か月半の長旅だったので、コインランドリーで洗えて乾きやすいことを意識して持っていきました。

コインランドリーで洗ってるうちにボロボロになってしまうので、サンダル以外はしまむら・ユニクロ・GUで揃えました。

※洗濯のことはあまり考えずに、ボロボロになってきたら途中で処分して、買い足しながら行くのもいいかもしれません。

 

1週間以上の長い旅の場合、荷物を減らすためにも、服の量は2泊3日分+予備を持っていく方がいいです。

下着も同じ量を持っていきました。

 

カバン

f:id:pf-happy:20171205122120j:plain

カバンはノースフェイスの登山にも使えるバックパック(約40L、レディース)と、サブバックにCHUMSのショルダースウェットの大きいタイプを持っていきました。

バックパックには主に宿泊するときに使うもの、サブバックには常に持ち歩きたいものを入れていました。

カバン選びで重視したポイントは、駅の一番小さなロッカーに入れれる、歩きやすい、雨に濡れても大丈夫な素材です。

 

40Lくらいのバックパックだと、駅の小さなロッカーにぴったり入りました。

駅に必ず大きなロッカーがあるか限らないし、あっても埋まってる可能性が高いです。

そもそも、駅にロッカーが無いパターンもあります。

全ての荷物を持ったままでも、歩きやすくて移動しやすいかも重視しました。

 

大きなバックパックを担いでいると、雨が降った時に傘に入りきらないです。

小雨だったらあまり気にならないかもしれませんが、長旅の途中に豪雨に見舞われることも無きにしもあらずです。

多少の雨は弾く素材か、レインカバーをかけれるものを持っていきました。

 

夏だったのでchacoのスポーツサンダル1足で行きました。

山で軽いトレッキングをする時と、寒いところへ行く時は、靴下を重ねていました。

ダサいけど荷物削減のために恥を捨てました・・・。

スニーカーをメインに使って、サンダルをサブに持っていくのもいいかもしれません。

 

他の季節だったらどうする?

 

春・秋

寒暖差が激しい季節なので、重ね着できる薄手のものか、折りたためるものを持っていくといいと思います。

Tシャツ・カットソー、薄手のパーカー・カーディガン、折り畳みできるアウターなどなど…

冬に近ければ普通にアウター1枚持っていくのもいいと思います。

靴はスニーカー・ウォーキングシューズ、宿泊先用・リラックス用にスリッパやサンダルがいいと思います。

 

靴は、冬用の暖かく・動きやすい・防水が効いているもの(滑り止め付き)、宿泊先用・リラックス用のスリッパがいいと思います。

服は、防寒しつつ量を少なくを心がけて、長袖の防寒下着、スウェット・ニット、アウター、小物はニット素材などの折りたたみやすいものがいいと思います。

冬は特に、足りなかったらその都度買い足しましょう。